ダイヤモンドヘッドへの行き方・ツアーを徹底解説!

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

ハワイ旅行に行く人の多くが訪れるダイヤモンドヘッド。

オアフ島を一望できる絶景スポットなので、大人気の場所です。

 

私たちも行きましたが…

 

綺麗すぎませんか???

 

空って、

 

海って、

 

こんなに綺麗だったっけ???と、その圧巻の景色に感動しますよ〜!

 

王道だけど、ハワイに行くならぜひ行って欲しい場所の1つです。

 

今回は、ダイヤモンドヘッドまでのアクセスや、お得に行く方法についてご紹介します!!

アクセス

この写真の奥の方に見えるのが、ダイヤモンドヘッドです。

 

オアフ島の南東部に位置するダイヤモンドヘッドは、ワイキキから少し離れています(ブルー⑩)。

スポンサーリンク

ダイヤモンドヘッドへの行き方<ツアー情報あり>

①レンタカーで行く


多くの人はワイキキの中心街に泊まると思いますので、そこにある「ロイヤルハワイアンセンター」を拠点に考えてみると、車で15分程度。一番時間のロスが少ないです。

普通車をレンタルする場合、1泊$80〜90前後で借りれるので、2人以上ならツアーよりレンタカーの方が割安です。

 最安でレンタカーを借りれるのはどこ?一括比較はこちらから。

 

駐車場について

一般(商業目的以外)の普通車:乗車人数に関係なく、1台につき$5
駐車場の料金に入山料が含まれていますので、大人数で来る場合は車で来た方が支払額は安く済みます。

 

ただ、こちらの駐車場、収容台数は少ないです。

そして、ダイヤモンドヘッドに来る人は当然登山をして帰るので、車の出入りも頻繁ではありません。

つまり、待っていてもなかなか停める事が出来ません。

休日に行く予定の方は、開山時間に行くようにしてくださいね。

 

②おすすめなツアー選

ピックアップ形式なので、最初の方に乗る場合は車に乗っている時間は長くなりますが、慣れない土地で運転するリスクを考えるとかなり楽です。

 

移動だけで考えればレンタカーの方が割安になるのですが、キャンペーンと併用したら結局お得になることが多いです!

例えば、クーポンをもらえたり、何かのツアーが無料で付いてきたり。

キャンペーンは時期ごとに変更になりますので、チェックしてくださいね!

 

とにかくいろんな場所に行きたい人におすすめ

【オアフ島周遊ツアー】ダイヤモンドヘッド、ノースショア、モアナルア・ガーデンを1日で巡る♪

 

ダイヤモンドヘッドを登ってから、「この木なんの木」でおなじみのモアナルア・ガーデンへ。

そして、トロピカルフルーツで有名なDoleでパイナップルを楽しみます。

その後テレビでも多く取り上げられている、ソープファクトリーや、ワイアルアコーヒーファクトリーに。

 

他にも、ハレイワタウン散策やウミガメを見に行ったり、ガーリックシュリンプを食べたり…と

この日だけでもハワイを存分に楽しめる素敵なプランです。

こんなに詰め込んだら1日終わってしまいそうですが、解散する時間は15:30なので、ホテルでゆっくりしてもいいし、ホテル周辺をぶらぶらしてもいいのが嬉しいですよね。

 

 ダイヤモンドヘッドから日の出を見たい人におすすめ

 【パイナップルスムージー付き】ダイヤモンドヘッドで日の出を見よう!

 

f:id:bluestar0811:20181001022438j:plain

後述していますが、パイナップルスムージー
はとにかく人気で、 下山したらほとんどの人が手に持っています。

見た目だけでなく本当に美味しいので、ツアーに入っているのはすごくおすすめ^^

 

③ザ・バスで行く

バスで行くと、レンタカーの倍くらいの時間がかかりますね。

ザ・バスはローカルの方も利用されるバスなので、観光地以外にも行く分時間がかかってしまうんです。

ただ、一日乗車券を買えば値段的にはお得(1デイパス $5.50)なので、ワイキキの街並みを見ながらのんびり行きたい方は利用してみてください。

私達はバスで行きましたが、快適でしたよ〜。

 

④トロリーで行く

トロリーは観光客向けのルートで構成されているため、バスよりは早く、ツアーよりはゆっくりと目的地に到着できます。

バスとツアーのいいとこ取りな感じです。

そして、利用している方の大半が日本人なので、言語の壁もなく安心ですよね。

 

ロイヤルハワイアンセンターから近い、DFSから20分程度でダイヤモンドヘッドに行くことができます。

トロリーには、「ピンクライン」「レッドライン」「ブルーライン」「グリーンライン」「パープルライン」の5つがあり、アクセスできる方面がそれぞれ違います。

 

 トロリーにお得に乗れるツアーはこちらから。

 

 最新のトロリーの路線図・時刻表はこちらから

 

営業時間と入山料

いつでも入れる訳ではなくて、「6時〜18時」という営業時間内しか入れません。

5〜7月の日の出の時間が5時台なので、日の出を観たい方はこの期間に訪れるべきではないですよね。

 

 2019年 日の出&日の入り情報

 

そして、入山料として$1をお支払いする必要があります。

みんなが快適に山を楽しむことができるようにするために修繕したり、設備を整えたりする費用にあてられます。

営業時間:6時〜18時(最終受付:16時30分)
入山料:$1 (年パスは$10)

 

スポンサーリンク

所要時間と難易度

写真や動画を撮りながら登って、往復で2時間かからないくらいでした。

ご高齢の方や、小さなお子さんも登っていらっしゃいましたし、全ルートではないかもしれませんが、ワンちゃんと一緒に登っている方もいらっしゃいました。

基本的には緩やかな坂道をただひたすらに歩いて行く道のりなので、難易度は低いと思いますが、終盤は少し足場が悪いです。

 

持ち物・服装

  • スニーカー
  • タオル
  • 水分
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • カメラ

 

私たちはアウトドアサンダルで登りましたが、滑りやすいエリアもあるのでスニーカーが無難だと思います。

ハワイの街を歩く時もそうですが、日差しがとにかく強いので日焼け止めとサングラスは必須アイテムです。

カメラをお持ちの方は、もちろんカメラを持って行ってくださいね。

注意点

  1. トイレは登山入り口にしかない。
  2. 売店も登山入り口にしかない。
  3. 分岐点:「右ルート」と「左ルート」について 

 

トイレは登山入り口にしかありませんので、不安な方は登山前に用を足しておいた方が良いと思います。

繰り返しになりますが、必ず水分を持参して行きましょう。

「右ルート」と「左ルート」について、先に見たい時はこちらから。

登山記

とりあえず、お伝えしたいのは…

行ってよかったー!!!

 

海とか木とかって、近くで見ても綺麗なんですけど、遠くから見るとより綺麗なんですよ!!!

 

ハワイマジックなだけなんじゃないの?と思われるかもしれませんが、今まで見てきた景色とのギャップが大きすぎて、価値観が変わります。

入山前

 

f:id:bluestar0811:20181001002540j:plain

ダイヤモンドヘッドといえば、まずここ!

ここでの記念撮影は欠かせません。

 

f:id:bluestar0811:20181001002706j:plain

その後少し登っていくと、序盤からすでに綺麗な景色が待っています。

 

緩やかな坂をてくてくと登っていくと、トンネルが見えてきます。

 

f:id:bluestar0811:20181001002937j:plain

ここを通るんですよ〜!

 

f:id:bluestar0811:20181001004740p:plain

普段トンネルの中を歩くということがないので、とっても新鮮。

 

ただ、歩道ゾーンがびっくりするほど狭い。(笑)

 

普通の車が横切るのでも怖いのに、トロリーがすれ違ったときは本当にヒヤヒヤしました。(笑)

そもそも、車が車道から車道へ少しはみ出ていて(笑)、見ている分にもヒヤヒヤ。

 

トンネルを抜けると、いよいよ目の前にダイヤモンドヘッドが…!

 

f:id:bluestar0811:20181001005253j:plain

魚さん(夫):「え、あれに登るの…(愕然)」

※魚さんは基本的に旅程を知らずに、旅に行きます。

 

登山スタート!

入山料をお支払いして、いよいよ登山。

 

この辺り(すごい序盤)から魚さんの体調に異変が。

 

f:id:bluestar0811:20181001005818j:plain

魚さん:「多分バナナだ…」

 

腹痛を訴える魚さん。

 

ダイヤモンドヘッドに行く前に「SunnyDays」でパンケーキとアサイーボウルを食べたのですが、思いっきりバナナが盛ってあったんですよね。

 

 

魚さんにはバナナアレルギーの疑いがあるのですが、アレルギーかどうかは不明らしい…。

少し休んだら良くなりました。(笑)

 

ちなみに、トイレは料金所の先辺りにあるのが最初で最後なので、トイレが気になる方はそちらを利用されてから出発されることをお勧めします。

f:id:bluestar0811:20181001012048j:plain

「ゆっくりのんびり過ごす日もあるといいなぁ」とぼやく魚さんを連れて、どんどん登って行きます。(旅はいつもタイト)

 

f:id:bluestar0811:20181001010210j:plain

序盤は緩やかな坂が多いですね。

 

f:id:bluestar0811:20181001013021j:plain

 

途中にも絶景が見えるところを発見。

 

f:id:bluestar0811:20181001013514j:plain

さらに登っていくと、階段が出現!

この辺りからちょいちょい階段エリアが出てきます。

 

f:id:bluestar0811:20181001012204p:plain

階段を上がりきった先はトンネル。

 

写真は出口付近のものなので、うっすら明かりがありますが、中は本当に真っ暗です。

右ルートと左ルート

トンネルを抜けると突き当たりに出ます。

ここで、右か左のどちらを進むかを決める必要があります。

 

右ルートは、日差しを避けて行きたい人におすすめ!

f:id:bluestar0811:20181001014210j:plain

右ルートはこんな風に階段を登って、トンネルのような場所を通ったり螺旋階段を登ったりして、比較的日差しを避けて登ることができます。

ですので、暑い時期でも涼しいです。

ただ、それと引き換えに歩きながら景色を楽しむ…という感じではないです。

 

左ルートは、景色を楽しみながら登りたい人におすすめ!

f:id:bluestar0811:20181001014214j:plain

一方左ルートは日差しはしっかり浴びますが、その分景色を存分に楽しみながら登ることができます。

 

私たちは行きは左ルート、帰りは右ルートを利用しました。

f:id:bluestar0811:20181001014816j:plain

追い打ちの階段を上ると、絶景の手前。

 

ついに、登頂!

さらにもう一つの階段を登り切ると…

f:id:bluestar0811:20181001015357j:plain

 

すっごい綺麗!!!(語彙力)

 

ハワイで過ごした期間も、帰りの飛行機で上空から見ても思いましたが、ハワイの空と海が本当に綺麗。

空も海もひとつに繋がっているのに何でなんだろうなぁ。

 

この景色が拝めたら、必死に登ってきた疲れも吹っ飛びます!

 

…ただ、こんな絶景。

もちろん独占できるはずもなく。(笑)

 

現実はこちら。

f:id:bluestar0811:20181001015356j:plain

大混雑。(笑)

 

さっきの写真は隅の方(あまり人気のないところ)で撮影しました。

頂上ももちろん綺麗ですが、実はこの手前もとっても綺麗。

f:id:bluestar0811:20181001020103j:plain

どうですか?(笑)

 

海も空も鮮やかすぎるブルー。風も気持ちいい。

f:id:bluestar0811:20181001020516j:plain

しばらくぼーっとしていられる…と思いつつも、ここも人気スポットなので長居せず退散。

PatagoniaのCM来ないかな。(来ない)

可愛い、可愛いよパタロハ。

 

f:id:bluestar0811:20181001020748j:plain

帰りは右ルートの方から…と思い、歩いているとまたしても絶景。

 

この撮影スポットの真ん前が小さな入り口(出口)で、そこを抜けると螺旋階段が待っています(右ルート)。

 

f:id:bluestar0811:20181001020951j:plain

螺旋階段のところも暗がりなので気をつけてくださいね。

 

f:id:bluestar0811:20181001021244j:plain

綺麗だったねぇと話しながら下山。

登っているときは、「坂は緩やかだし、これくらいなら大丈夫だな〜」と思っていましたが、下山中に気づく、足の震え。(笑)

基本緩やかな坂か階段なのですが、結構な距離を歩いて登っているので足の疲労は相当なもののよう …

 

下山後は美味しいパイナップルスムージーを!

f:id:bluestar0811:20181001022016j:plain

行きの時点で既に気になっていたパイナップルスムージー。

周りにいる人、みんなこのパイナップルを持ち歩いているんですよ〜!

そりゃ飲みたくなる。(笑)

1つ$11の高級ジュースです!

 

順番を待っているときに、店員さんがパイナップルの切れ端をくれました。

パイナップルをくり抜いて、スムージーを作って入れているので、切れ端は余るのだと思います。

毎回配っているのかはわかりませんが、もらえたらラッキーですね。

 

f:id:bluestar0811:20181001022438j:plain

 

めちゃうま。

 

さっぱりしていて、甘さもちょうどよくて美味しいんだな〜。

見た目だけじゃないですよ!本当に美味しい。

すごいボリュームなのでは?と思われるかもしれませんが、2人で飲むなら全然問題ないです。

 

まとめ

 

  • コスパ的には、トロリーが一番おすすめ。
  • もしレンタカーで行く場合は、駐車場が混雑する可能性があることを加味して行動する。
  • トイレは入り口にしかないので、登山前に行っておく。
  • 所要時間は2時間程度

 

どこに行くにもそうですが、基本的に行きたいところはほとんどトロリーが巡回しているところだったので、快適そうだなぁと眺めていました。(笑)

所要時間と運転しなくても良いという利点を考えると、何箇所も行くならコスパはかなり良いと思います。

 

ダイヤモンドヘッド前後に、近くにあるSUNNY DAYSにも立ち寄ってみて欲しいなと思います^^

美味しいハワイアングルメを堪能できますよ〜!

関連記事

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。 皆さんはハワイに行ったら、何を食べたいですか? アサイーボウルとパンケーキは外せませんよね! そして私は、無類のパンケーキ好きです。1旅1パンケーキと言っても過言ではな[…]

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました〜!

あなたの旅に、最高のわくわくが訪れますように。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>さあ、最高の旅に出よう。

さあ、最高の旅に出よう。


人は再び、何度でも旅に出たくなる。
「旅は最高に、わくわくする」
あなたの旅に、最高のわくわくを。
そんな思いで、”ふた旅”を作りました。
カメラを片手に何処へでも。
旅好きな夫婦ふたりが、旅に役立つ情報をお届けします!

CTR IMG