【小豆島旅行】カメラ女子必見の観光スポット「迷路のまち」まとめ

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

小豆島にある「迷路のまち」。

中世の瀬戸内海で活動した海賊の侵入や南北朝時代の戦乱に備えて、迷路のように入り組んだ路地が作られました。

迷路のまちで、アートプロジェクトチームである「MeiPAM(メイパム)」が、アートギャラリーやカフェ、ショップを運営し、島の賑わいを創り出す試みを行っています。

 

迷路のまちへのアクセス

迷路のまちはこちらのマップのブルー⑫に位置していて、その中にピンク③のセトノウチ島メシ屋を始めとしたショップがあります。
エンジェルロードまで車で7分、島の真ん中寄りに位置しているので、アクセスは良いです。
小豆島は結構広い島なので、自転車やバスだと移動時間が結構かかってしまいます。

自転車でここまでたどり着いている人もいましたが、とてもぐったりしていらっしゃいました…

小豆島を目一杯観光したいな〜と思っている人は、車での移動がおすすめです。

 

 小豆島でレンタカーを借りたい!最安値を探す

 

 住所
〒761-4106
香川県小豆郡土庄町甲405 MeiPAM1
 TEL/FAX0879-62-0221
 定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
※無料駐車場あり(計30台)

引用:公式HP

 

スポンサーリンク

セトノウチ 島メシ家

小豆島の野菜と、オリーブ牛をテーマとしたメニューが豊富な食堂です。

季節の野菜がふんだんに使われていて、視覚的にも味覚でも楽しむことができます。

 

島の野菜とオリーブ牛ローストビーフ三種の食べくらべ定食:2000円

食べ比べできる部位は、モモ肉(最も脂肪が少なくヘルシー)・肩ロース(霜降り脂肪分が適度)・ザブトン(希少部位でとってもジューシー)。

私の一押しはザブトンです^^

柔らかくて美味しかったですよ〜!

 

番号札も可愛い。

 

営業時間

 営業時間
11:00~14:00(L.O 13:45)
 TEL0879-62-8500
 定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

 

405 CAFE

フォトジェニックなスイーツが特徴的なカフェ。

こちらの2階が、後述する「迷路のまちの本屋さん」です。

私はこのプリンを求めて行きました^^

アイスとプリンの間の食感で、とっても美味しかったです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

405CAFE/迷路のまち店さん(@405cafe)がシェアした投稿

こちらのエンジェルソフトも可愛いですよね^^

可愛いスイーツが食べたい人にとってもおすすめのカフェです。

営業時間

 営業時間
10:00~17:00
 TEL0879-62-9889
 定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

 

スポンサーリンク

迷路のまちの本屋さん

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

wakuwakuさん(@wakuwaku_saaan)がシェアした投稿

可愛い雑貨や本が置いてあります。

歩き疲れたら、405CAFEや迷路のまちの本屋さんでゆっくりするのも良いですよ^^

 

営業時間

 営業時間
10:00~17:00
 TEL0879-62-9889
 定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

 

妖怪美術館

 

この投稿をInstagramで見る

 

405CAFE/迷路のまち店さん(@405cafe)がシェアした投稿

時間の都合上、この茶色い筒の中に入っただけで妖怪美術館自体に行くことができませんでした。

 

筒の中は螺旋階段になっています。

面白い構造をしているので、ぜひ見てみて欲しい場所です^^

 

1・2・4・5の4種類の妖怪美術館があります。

現在は前売り券が販売されており、公式サイトにてお得に購入することができますので行く予定の方はこちらをチェックしてください^^

 

営業時間

 営業時間
10:00~18:00(受付は17:00まで)
 TEL0879-62-0221
 定休日:水曜日(祝日及び瀬戸内国際芸術祭会期中は営業)

 

あとがき

迷路のまちは半日あっても足りないくらい見所が多いです。

一通り見たいなと思っている人は時間に余裕を持って、スケジューリングしてくださいね^^

 

小豆島のおすすめスポットをまとめています。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

あなたの旅に、最高のわくわくを。

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>さあ、最高の旅に出よう。

さあ、最高の旅に出よう。


人は再び、何度でも旅に出たくなる。
「旅は最高に、わくわくする」
あなたの旅に、最高のわくわくを。
そんな思いで、”ふた旅”を作りました。
カメラを片手に何処へでも。
旅好きな夫婦ふたりが、旅に役立つ情報をお届けします!

CTR IMG