【2019年】ハワイ限定の「パタロハ」はマストアイテム お土産にも自分用にもおすすめ!

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

突然ですが、皆さんはパタゴニアは好きですか?

私は元々大好きで、レトロxを決死の覚悟で購入しました。(笑)

 

そんなパタゴニア好きな皆さん、そしてハワイ限定のおしゃれなお土産を買いたい皆さんにおすすめしたいのがパタロハです。

 

 

すっごく可愛くないですか???

 

全てハワイのパタゴニアで買ったものなのですが、どれもお気に入りです。

 

パタロハをおすすめしたいポイントはいくつもありますが、パタゴニアの製品は見た目だけでなく、生地がとにかく良いんですよ^^

 

そしてハワイ限定のもの(Patalohaロゴのもの)も多いですし、パタゴニア製品全般に言えることですが日本で買うより断然安い!

 

ハワイに行く人はぜひ、立ち寄ってくださいね^^

 

パタロハとは

パタゴニア(Patagonia)が作るアロハ(Aloha)シャツの略で、パタロハ(Pataloha)と言われています。

 

アロハシャツのパタロハは約30年前から発売されており、パタゴニアの商品の中でも歴史が長いため、たくさんの柄があります。

 

アロハシャツというと、普段はなかなか着れない…と思う方もいらっしゃると思いますが、パタロハの場合は色味が落ち着いているものも多いので、普段使いしやすいのが特徴です。

 

また、アメリカ発のブランドですので、日本で買うよりもかなり安く購入できる(半額レベルのものもあります)ので、とってもお得。(嬉)

 

また、ハワイ限定のもの以外にも、日本でも販売されているようなアウトドアグッズや洋服、ダウンなども販売されているのでこの機会にたっぷり買って帰るのもありですよ^^

 

スポンサーリンク

2019年】新作は4柄!珍しいプルオーバー型も。

①メンズ・リミテッド・エディション・パタロハ・シャツ

引用Patagonia公式HP

今シーズンのリミテッド・エディション・パタロハ・シャツは、ハワイの伝統的な土地と水の管理方法アフプアアからインスピレーションを得てデザインしたマラマ・アイナのオリジナル・プリントを採用しました。「アフプアア」のきまりでは、それぞれの流水域をひとつのものとして守らなければならず、下流の行き着くところであるマカイ(海側)の健康は、上流の土地であるマウカ(山側)を慎重に育むことにかかっています。これは島のコミュニティー、さらにはあらゆる場所のコミュニティーが、未来のために土地や自然資源を復元し守るための敬けんな取り組み方です。素材は温暖な熱帯の天候で自然なドレープを描く軽量なテンセル・リヨセル・ツイル100%で、1日中着用できるカジュアルさを備えながら、夜のパーティーにも適した気品があります。切り込み入りの襟、チェストポケット、ココナツボタン、スリット入りのストレートな裾を備え、ポケットも前立ても精密に柄合わせしてあります。

引用:Patagonia公式HP

 

②メンズ・マリヒニ・パタロハ・シャツ

引用Patagonia公式HP

今から30年前、私たちは男性服飾品店には決して行かない人のための正装着だったオリジナルの手縫いのアロハ・シャツの復元を目指してパタロハ・シャツを作りはじめました。それ以来、最高のサーフィン、クライミング、フィッシング、お楽しみを探し求めて世界中を放浪しながら見つけた独特な柄にヒントを得てデザインしてきました。今シーズンは、大地を大切に守るハワイの伝統マラマ・アイナからインスピレーションを受けたオリジナルのパタロハ・プリントを採用しました。マリヒニ・パタロハ・シャツはソフトな平織りの2.2オンス・オーガニックコットン100%製で、温暖な天候下で軽やかな着心地を提供します。ターンダウンカラー、チェストポケット、ココナツボタンの前立て、シャツ型の裾を備え、やや細身の現代的なフィットです。

引用:Patagonia公式HP

 

③メンズ・パタロハ・シャツ

引用Patagonia公式HP

今から70年以上前、ホノルルの小さな仕立屋で手染めの壁ちりめんを使った独特なシャツが作られました。ハワイ諸島のスピリットをとらえたそのシャツは、のちに有名なアロハ・シャツとなり、人気が高まると最も厳粛な式典以外での島の正装として受け入れられるようになりました。今シーズンは、大地を大切に守るハワイの伝統マラマ・アイナからインスピレーションを受けたオリジナルのパタロハ・プリントを採用しました。リネンのような質感を備えたドビー織りのオーガニックコットン素材は蒸し暑い天候下で涼しい着心地を提供し、切り込み入りの襟、ココナツボタン、チェストポケット、スリット入りのストレートな裾を備え、よりトラディショナルなフィットです。ハワイの習慣に忠実なコレクターズ・アイテムで、祝祭やパーティに最適です。

引用:Patagonia公式HP

 

④メンズ・パタロハ・プルオーバー・シャツ

引用Patagonia公式HP

「前乗り禁止」「家の中ではビーチサンダル禁止」などハワイにももちろんルールはあります。でも、アロハ・シャツのボタンを全部留めなければならないという決まりはありません。パタロハ製品の新顔パタロハ・プルオーバー・シャツは4つのココナツボタンの前立て、ボタンダウンの襟、チェストポケットを備え、シャツ型の裾。風通しのよいソフトなヘンプ60%/リサイクル・ポリエステル35%/テンセル・リヨセル5%混紡素材を使用し、蒸し暑い天候下で涼しい着心地を提供します。大地を大切に守るハワイの伝統マラマ・アイナからインスピレーションを受けたオリジナルのパタロハ・プリントを採用し、ポケットも前立ても柄合わせしてあります。

引用:Patagonia公式HP

 

パタロハシリーズの人気グッズ3選

アロハシャツはもちろんですが、アロハシャツ以外にもパタロハロゴのついているグッズがあります。

 

①パタロハTシャツ

ピルボックストレイルに行った時の写真

先述したように、見た目だけでなくて、生地もすごく良いんです。

 

デザインによって生地の柔らかさや分厚さが異なるので、実際に手にとって、お気に入りのものを見つけてくださいね。

 

ピルボックストレイルの記事はこちらから。

 

②パタロハキャップ

SUNNY DAYSでパンケーキを食べた時の写真

パタロハのロゴが可愛いですよね。

思わずお揃いで買ってしまいました。(笑)

 

ちなみに、魚さん(夫)が着ている黒いシャツも、ハワイのパタゴニアで購入したものです。

 

SUNNY DAYSの記事はこちらから。

 

③パタロハトート

何種類かデザインがあるのですが、私がハワイに行った2018年9月に置かれていたデザインは1種類のみでした。

時期やタイミング、店舗によっても取り扱いが異なるのでこればかりは運任せになります。

 

スポンサーリンク

ハワイ のパタゴニア(全部で2ヶ所!)へのアクセス

①ホノルル店

ワードセンターズの端にある、ワードゲートウェイセンターの角地にあります。

 

ウォールアートから徒歩9分アラモアナセンターから徒歩15分のところに位置しています。(マップ ブラウン②)

 

 

関連記事

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。 旅行に行ったら、その場でしか味わえない雰囲気や、そこにしかないものを見たいですし、記念に写真を撮りたいですよね。  今回はハワイに行くなら行きたい、フォトジェニックなウォ[…]

 

 

私が行った時はトートなしパタロハのバックプリントTシャツもXL1着しかなく、品薄感はありました。

 

もう1店舗のハレイワ店が遠いのもあって、ホノルル店の方が売れやすいんだと思います。

 

当初は2店舗行く予定ではなかったので、売り切れが怖くて私用にXLサイズを買いました(インしなかったらロンTみたいな感じになります)。

 

 住所
940 Auahi St, Honolulu, HI 96814
 営業時間
<月〜土曜日>10:00〜20:00/<日曜日>10:00〜18:00

 

②ハレイワ店

もう1店舗はノースショアにあり、マツモトシェイブアイスから徒歩9分のところに位置しています(マップ ブラウン③)。

 

マップを見てもらうとわかるのですが、ホノルルからとても遠いですよね。

 

ノースショア自体は人気の観光地なのですが、旅行の日数とホノルルからの距離を考えたときにやや行きづらさはあります。

 

ただ、その分品揃えがホノルル店より多いのが嬉しいところ。

魚さん(夫)用のパタロハのバックプリントTシャツと、トートバックはハレイワ店で購入しました。

 

移動手段のおすすめはツアー

ロイヤルハワイアンセンターからバスで2時間、車で1時間なので結構遠いです。

 

私たちの場合は台風の影響で滞在期間が延びて時間にゆとりがあった(1週間くらいいた)ため、バスの移動でも時間は足りましたが、3〜4泊だと予定もタイトになってくると思います。

ですので、基本的には一日たっぷり遊べて、目的地まではすんなりたどり着けるツアーがおすすめです^^

 

 【タンタラスの丘・ダイヤモンドヘッド送迎付き】ノースショア(ハレイワ)観光ツアー

 

 【曜日で選べる!】ノースショア観光・アウトレット・ドローン空撮など1日満喫プラン

 

 住所
66-250 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712
 営業時間
10:00〜18:00

 

日本でも買えるパタロハグッズ おすすめ4選

①パタロハ

こんなに推しておいて、私はまだパタロハのアロハシャツを持っていないのですが、いつかは買いたい!と思っています。

お値段はTシャツに比べると倍以上になってしまいますが、プチプラ系では出せない色味や雰囲気、素材感があって、そして可愛いんですよね。

 

 

②パタロハTシャツ

 

アロハシャツを着る勇気がない!という人にもおすすめなのが、パタロハのTシャツ。

通常のPatagoniaにはない、ハワイアンテイストが可愛さを醸し出しているんですよね〜。

私たちは現地での購入になりますが、左のTシャツの色違いで、魚さん(夫)用にMサイズ私用にXLサイズ(オーバーサイズ感が絶妙に可愛い!)を買いました。

 

③パタロハキャップ

私たちも購入していましたが、Tシャツが可愛いなら当然(?)キャップも可愛い!

ハワイだけでなく、普段もとっても使えますのでぜひ チェックしてみてくださいね^^

 

④パタロハの小物が可愛い!

 

パタロハの小物といえば、バッグ系はかなり人気ですが、実はそれだけではないんです。

コップやタンブラー、アウトドア用品など多岐に渡ります。

日本で買うのが難しい商品も多いですが、ハワイに行ったとしても在庫によっては購入できない場合もあります。

ハワイに行く予定のある人も、どんなものが欲しくて、どんなものがネットでも購入できるのかを確認しておくと良いかなと思います^^

 

まとめ

パタロハとは:パタゴニア(Patagonia)が作るアロハ(Aloha)シャツの略

ハワイのPatagoniaは①ホノルル店 ②ハレイワ店の2店舗

ハレイワ店に行くなら、1日たっぷり遊べるツアーがおすすめ!

日本でも一部のパタロハグッズは購入可能!

 

機能性抜群、可愛さ、ハワイ限定というレア感の3拍子なので本当におすすめなパタロハ。

自分用、お土産用にぜひ実際に手にとってみて欲しいなと思います。

 

ハワイのおすすめスポットをまとめているので、旅行の参考にしていただけたらと思います。

関連記事

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。 新婚旅行や卒業旅行、家族旅行などとにかく年中人気なハワイ旅行。2018年の秋に私も行ってきました^^ トラブルの連発で、滞在期間が1.5倍になり、1週間くらい滞在したのも良[…]

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

あなたの旅に、最高のわくわくを。

 

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>さあ、最高の旅に出よう。

さあ、最高の旅に出よう。


人は再び、何度でも旅に出たくなる。
「旅は最高に、わくわくする」
あなたの旅に、最高のわくわくを。
そんな思いで、”ふた旅”を作りました。
カメラを片手に何処へでも。
旅好きな夫婦ふたりが、旅に役立つ情報をお届けします!

CTR IMG