<2019年最新>【ハワイ旅行】天国の海(天使の海・サンドバー)を楽しむ!おすすめツアーまとめ

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

ハワイにある、サンドバー。

別名、天国の海を知っていますか?

 

この海が、天国で天使が遊んでいるような美しさであることから、この名前がついたと言われています。

今回はそんな絶景を楽しめる、天国の海をご紹介します。

 

天国の海(天使の海・サンドバー)とは

ラニ(=天国)、カイ(=海)という意味で、そもそも、この天国の海というのはラニカイビーチと呼ばれています。

ラニカイビーチの特徴は、何と言っても、白い砂浜とエメラルドグリーンの海です。

全米で最も美しいビーチに選ばれたこともあり、世界中の人がその美しさに魅了されています。

私たちが行った日は曇りで、青空とのコントラストはあまり楽しめませんでしたが、晴れている時は色が綺麗に出るのでより感動的です^^

 

ラニカイビーチの綺麗さをより実感しやすいのが、ラニカイのピルボックストレイルから見ること!!!

 

とんでもなく、綺麗じゃないですか???

 

遠くから見た方が、各色のコントラストがはっきり見えるので綺麗さがわかりやすいですよね。

 

ピルボックストレイルって何?という人は、こちらの記事から読んでくださいね^^

関連記事

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。 みなさんは、ラニカイビーチというビーチをご存知でしょうか。ハワイの言葉で、「ラニ = 天国」「カイ = 海」ということで、”天国の海”とも呼ばれています。その美しさは、全米N[…]

 

サンドバーとは

サンドバーとは、干潮の時間だけ海底にある砂が、海上に現れてできる砂浜のことです。

一般的なビーチと違って海の真ん中に突然現れるので、幻のビーチと言われることもあります。

サンドバーの砂浜は、サンゴの細かい砂で形成されているため、美しく真っ白な砂浜を維持できるのです。

 

スポンサーリンク

実は、映画やPVのロケ地になっている超有名スポット

「天国の海って、聞いたことないけど…」という人も、実は目にしているかも。

というのも、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のロケ地として使われていたり、浜崎あゆみさんの「BLUEBIRD」のPVで登場していたりと露出度は結構高め。

他にも、JALやH.I.Sなどの旅行会社のCMに使われています。

 

天国の海へのアクセス

ロイヤルハワイアンセンターから、バスで1時間半弱、車で30分の所に位置しています(天国の海:マップ ブルー⑬/ラニカイビーチ:ブルー⑤)。

中心地から結構離れてしまうので、できればツアーで行くか、レンタカーのご利用をおすすめします。

 

 住所
46-499 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744

 

 最安でレンタカーを借りれるのはどこ?一括比較はこちらから。

 

スポンサーリンク

天国の海にお得に行こう!おすすめツアー一覧

天国の海を、王道スタイルで楽しみたい人におすすめ

 

 シュノーケリングで天国の海を泳ぎたい!ウミガメに遭遇できるかも♪

 

天国の海といえば、シュノーケリングは欠かせません。

 

私たちは、遠くに小さーくウミガメを確認できた程度でしたが、運が良ければ一緒に泳ぐこともできますよ〜^^

 

ゴープロを使って、動画や写真を撮ろう

 

こちらのプランにはゴープロレンタル付きのものもあるので、すごくおすすめ!

しかも最新のゴープロ7を使えるんですよ〜!羨ましい…(私たちは6を使っています)。

 

 

ドームポートはこんな風に、水中と外の世界をダブルで撮影できるのがドーム型マウントになります。

まだあまり知れ渡っていないマウントなので、現地でも「すごーい」とよく声をかけてもらっていました。(笑)

ゴープロには防水機能が付いているものの、直接海水に浸けるのはどうしても抵抗があり、このドームのおかげで直接海水に触れなくて済んだのはメリットでした。

 

ただ、難点はこの黄色のレバーを押して電源のオンオフを行うのですが、これがやや心許ない…(笑)

本当に消えたのか?と疑っていましたが、操作ができていなかったことはなかったので、過度に心配することもないのかなと思っています。

 

工夫次第では面白い映像が撮れますので、よかったら試して見てくださいね^^

 

天国の海だけでなく、1日しっかり楽しみたい人におすすめ

せっかく出かけるなら、「いろんな所にまとめて行きたい!」「いっぱい連れて行って欲しい!」と考えている人にぴったりなのが、いくつかの観光地のおまとめツアー!

 

 天国の海もダイヤモンドヘッドも、ブーツ&キモズもお得にまとめて楽しんじゃおう!

 

ダイヤモンドヘッドからの景色

 

こちらのツアーはとにかく、盛りだくさんツアー!

ワイマナロ・ビーチに行くことになるのですが、こちらもラニカイビーチ同様、全米ナンバー1に輝いたことがあるビーチです。

ダイヤモンドヘッドにも登れて、大人気のブーツ&キモズのパンケーキも食べられるので、充実度がかなり高いツアー。

 

タンタラスの丘の夜景

 

それだけでないのが恐ろしいところで、なんと!「タンタラスの丘 夜景鑑賞ツアー」が無料で付いてくるんですよ!!!

すごすぎないですか?めちゃお得…。

 

私もこの無料ツアーに参加しましたが、結論、行けて大満足でした!!

 

タンタラスの丘は、50回目のファーストキスでも出てきていますが、夜景の色味が最高なんですよね〜。

ぜひ行って見て欲しいなぁ。

 

タンタラスの丘の夜景の記事はこちらから。

 

天国の海でのルール・マナー

サンゴ礁やウミガメなどの生き物や美しい絶景を、守って行くためには訪れる人の協力が必要不可欠です。

下記ルールをしっかり守りましょう。

 

ゴミは各自で持ち帰る

小さなものでも、もしウミガメが飲み込んでしまったら、命を落としてしまうことがあります。

ゴーグルやビーチサンダル、ハンカチなどをうっかり落としてしまっても危ないですので、落とさないように管理してください。

 

砂や海水などを持ち帰らない

「天国の海の砂」「天国の海の水」というと響きもいいですし、小瓶に詰めて、ハワイの思い出として飾っておきたくなるかもしれません。

1人の持ち帰る量が少量だったとしても、それをみんながしてしまったら景観は損なわれてしまいます。

自分の目に焼き付けて、撮影するまでに留めておきましょう。

 

注意事項

貴重品をきちんと管理する

シュノーケリングを楽しんでいる時は、船の上に荷物を置いていくしかありません。

最小限のお金しか持っていかないことはもちろんですし、その他の貴重品は極力持っていかないようにしましょう。

 

クラゲに気をつける

シュノーケリング中にクラゲに刺される人がいます。

 

クラゲは、満月から7日後~11日後の範囲に発生しやすいと言われています。

海でしっかり遊びたいと考えている人は特に、クラゲ発生予測を元に日程を決めましょう。

クラゲ発生カレンダーはこちらから

 

まとめ

 天国の海に行くならツアーがおすすめ。

 海に入るときはクラゲに注意!カレンダーで日程確認をしておきましょう。

 ルールを守って、楽しく過ごそう!

 

レンタカーでももちろんいいのですが、ツアーで行くことで個人ではそんなにたくさん回れないであろうところに、すんなり1日で回れてしまうのがツアーの最大の魅力。

しかも安いので、言うことこの上なし。(笑)

 

頻繁にハワイに行く人は少ないと思いますので、時間は当然有意義に使いたい。

 

そんな人にはツアーが絶対おすすめです。

 

くれぐれもクラゲに気をつけて、マナーを守って天国の海を楽しんできてくださいね^^

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

あなたの旅に、最高のわくわくを。

 

あわせて読みたい記事

ハワイのおすすめスポットをまとめています!

旅行の参考にしていただけたらと思います。

ハワイ観光マップ一覧 おすすめスポット・ツアーをまとめて紹介!

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>さあ、最高の旅に出よう。

さあ、最高の旅に出よう。


人は再び、何度でも旅に出たくなる。
「旅は最高に、わくわくする」
あなたの旅に、最高のわくわくを。
そんな思いで、”ふた旅”を作りました。
カメラを片手に何処へでも。
旅好きな夫婦ふたりが、旅に役立つ情報をお届けします!

CTR IMG