【ツアーが絶対におすすめな理由】ハワイのウォールアートを安全に全力で楽しむ

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

 

旅行に行ったら、その場でしか味わえない雰囲気や、そこにしかないものを見たいですし、記念に写真を撮りたいですよね。

 

f:id:bluestar0811:20181229182118j:plain

 

今回はハワイに行くなら行きたい、フォトジェニックなウォールアートをご紹介いたします^^

 

カカアコ地区のウォールアート

f:id:bluestar0811:20181229182055j:plain

ウォールアートという名前から想像つくように、壁に書かれたアーティスティックなイラストの壁が街の中にたくさんあります。

それを堪能できるのがここ、カカアコ地区です。

 

『インスタ映えスポット』として、日本人を始めとして多くの観光客が訪れていて、こういった、ウォールアートの中でも特に人気のある作品の前には、写真を撮りたい人たちの列ができます。

 

f:id:bluestar0811:20181229183315j:plain

アートの横側。

(ちょっと怖いけど)、こういった細部に仕掛けがあるのも楽しいですよね。

 

f:id:bluestar0811:20181229183455j:plain

トトロもいました。

トトロに限らず、定期的にデザインが変わるようで、何度でも行きたくなりますね。

 

スポンサーリンク

ウォールアートへのアクセス

ウォールアートは、ワイキキから少し離れたカカアコ地区に位置しています。(ハワイマップのブルー⑫)

アラモアナセンターから徒歩23分なので、この辺りを散策するという意味では徒歩で行くことも可能です。

 

私が行った時は、まだ「ウォールアート」で検索をかけても出てこなかったのですが、今は出てくるようになりました^^

もし万が一「ウォールアート」で検索してもうまくいかない場合は、『Mother Waldron Playground(MWP)』で検索してみて下さい^^

 

 

こんな感じの公園です。

街を少し外れた位置にあるので、遠くに高いビルやホテルがあり、モンスターのウォールアートが見えるのが印象的^^

 

ツアーで安全にウォールアートを楽しむことをおすすめします

後述していますが、このエリアは特に治安が良くありません。

ですので、個人でふらふらと彷徨うことは本当にやめたほうがいいです。

 

それでもせっかくの旅行ですから、行ってみたい!という気持ちはありますよね。

ウォールアートはこの周辺にはあるものの、どこにどのアートがあるかは探さないとわかりませんので、ツアーで案内してもらって安全に楽しみましょう。

 

最近密かに人気なのが、セグウェイでハワイの街を散策するツアーです。

なかなか乗る機会のないセグウェイに乗ってハワイの素敵な景色を堪能してみませんか?

【ウォールアートを安全に楽しみたい◎】セグウェイでカカアコ地区散策♪

 

 【Wifi無料レンタルつき】ウォールアートもチャイナタウンも、レナーズも!盛りだくさんプラン♪

 

スポンサーリンク

カカアコの治安は悪い?公衆トイレは使わないで!

観光地として、リゾート地として有名なハワイ。

治安が良さそうなイメージがあるかもしれませんが、そもそも海外旅行で油断をしてはいけません。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

森江 由衣さん(@y_mahalo30)がシェアした投稿

 

2018年、日本人の夫婦が先程紹介した、「Mother Waldron Playground(MWP)」の公衆トイレで薬物使用者襲われるという悲しい事件が起こりました。

普段は海外旅行保険に加入していたそうですが、いつも何事もなく旅行を終えていたので、今回の旅先がハワイということもあり、加入していなかったそうです。

夫婦は大怪我を負った中、アメリカの高額医療を避けるしかなく、日本にそのまま帰国し手術を受けました。

それでもかかった費用は、400〜600万円。

 

ウォールアートのある場所というのは工場などが多く、それに伴い死角も多い。

そして、ホームレスも多く住んでいるのが現状のようです。

 

素敵なウォールアートと隣り合わせで危険な面も持ち合わせているこの場所で、写真撮影をしているだけでも危険です。

ですので、写真を撮影したらすぐカメラはかばんにしっかりとしまいましょう。

 

日本のホームレスは、他人に接触してくる感じはありませんが、ハワイではそんなことはありません。

実際に私たちも街を歩いていて、ホームレスが「危険な目」でじっと見てきたり、近づいてきたりする場面もありました。

その都度大幅に方向転換をして、避けて通るようにしていました。

 

もともと、日本にいる時も公衆トイレは使わないのですが、国やエリア、旅行中か普段の生活なのか、そんなことは関係なく、油断していい場所なんてないのだと改めて思いました。

 

せっかくの楽しい思い出のための旅行が、こんなに悲しくて、辛い思い出にならないように。

 

まとめ

 カカアコ地区に行くなら、断然ツアーがおすすめ!安全に楽しもう。

 公衆トイレは使わずに、トイレに行くならお店を利用しよう

 ウォールアートの近くにある、「Patagonia」もおすすめ。

 

私たちは、ツアーがあるとは思っていなくてバスと徒歩で行きましたが、怖すぎてほとんど滞在しませんでした。

今なら間違いなく、ツアーで行きます。

 

【ウォールアートを安全に楽しみたい◎】セグウェイでカカアコ地区散策♪

 

 【Wifi無料レンタルつき】ウオールアートもチャイナタウンも、レナーズも!盛りだくさんプラン♪

 

 

こんな状況だったので、本当は見てみたかったウォールアートはいくつかあったのですが、人通りがあるところだけ散策して、早々と撤退しました。

どんな行き方で行くにしても、必ず人目があるところにしか行かないようにしましょう。

「あともうちょっと…」の楽しみをとった結果、悲しい思いをしないように。

 

トイレに行きたくなった場合は、休憩も兼ねてカフェやレストランを利用しましょう。

ハワイのおすすめスポットをまとめています!

旅行の参考にしていただけたらと思います。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

あなたの旅に、最高のわくわくを。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>さあ、最高の旅に出よう。

さあ、最高の旅に出よう。


人は再び、何度でも旅に出たくなる。
「旅は最高に、わくわくする」
あなたの旅に、最高のわくわくを。
そんな思いで、”ふた旅”を作りました。
カメラを片手に何処へでも。
旅好きな夫婦ふたりが、旅に役立つ情報をお届けします!

CTR IMG